異業種交流・連携支援

 

異業種交流・連携支援

 
 

技術・資源フォーメーション支援事業

 
 新技術開発や新分野開拓に意欲を有する異なる業種の中小企業者が集まり、専門アドバイザーの指導の下、技術や情報の交流、新製品開発等の異業種交流活動を行うことにより、新分野開拓及び企業間の技術移転等を促進し、県内中小企業の技術力・経営力の向上を図ります。
 
●事業概要
【事業内容】
 班を編成し、具体的活動テーマ(新製品開発等)を決めて自主的研究活動を行うほか、月1回程度の定例会を開催し次の事業を実施します。
 ○ 技術に関する情報や経営ノウハウの交換
 ○ 県産業技術センターや参加者相互の企業(工場)等の見学
 ○ 各種セミナー等の開催

詳細についてはこちらの特設ページをご覧ください。
*Link:技術・資源フォーメーション支援事業
 
 

観光産業の連携・地域力向上支援事業

 
 県内には豊富な観光資源がありながらも、原発事故後の風評被害や観光ニーズの多様化などから集客に陰りも見られ課題も多い。観光地全体の魅力を高めるためには、点として存在する観光資源同士が連携し、地域全体で集客を高める取り組みを行うことが重要であるとともに、各地域間の連携による面としての取り組みも必要です。
  そこで、県内の観光産業に係る関連組合等の多種多様な連携を促進し、創意・工夫・連携による本県観光産業の振興と地域経済の活性化を図ります。
 
 

中小企業新分野開拓計画支援調査事業

 
 新製品開発や販路開拓などに取組む異業種交流グループの活動状況と課題などを時系列的に把握し、効率的な支援策の確立や商工団体等の支援機関の連携に資するために実態調査を行います。
 
 

農商工連携・6次産業化促進支援事業

 
 「農商工連携」や「農業の6次産業化」に取り組む組合・任意グループ・連携体等に対して、これまでの農商工連携等人材育成事業で育成・確保された人材等を活用して新商品開発、販路開拓、資金繰り等の課題解決のため支援を行います。